×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロイズを通販で探してる?

TOPページ | 次のページ

プリティ・ウーマン
価格: 1,784円 レビュー評価:4.0 レビュー数:4
<元気コメント>
 エグゼクティブならこうありたいという男性の一つの理想像と、逆境の中からふとしたキッカケで新たな可能性を実現するため再起しようとする女性の姿に。

プリティ・ウーマン オリジナル・サウンドトラック
価格: 3,059円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
この映画のテーマソングを知っている人は少なくないだろう。それほどこの音楽が印象的で、映画の中でどれほど効果的に音楽が活かせているかがわかろうというものだ。ヘソ出しルックでガムをクチャクチャと噛みながら、高級ブティックへ颯爽と足を運ぶキュートな娼婦の姿が目に浮かぶ。ハッピー・エンドが好きな方はぜひ見ていただきたい作品であり、見たあとにいつまでも耳に残るこのテーマ・ソングを口ずさんでほしい。
たからもの
価格: 1,000円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
やなわらばーさん10thシングル“たからもの”は、やなわらばーさん2人の爽やかな感じのハーモニーの楽曲集です。
タイトル曲“たからもの”は母親から子供へ送る愛おしさ・優しさを、ゆったり目の美しいメロディとやなわばーさん二人の息の合った優しい感じの声で伝えてくれています。

またカップリング曲の1つ“アカネ色?あなたの声がする?”は彼女たちも出演している地元石垣島のとある製菓会社のCMソングで、アコースティックギターと三線で奏でる彼女たち本来の持ち味がたっぷりと聴ける曲です。

あと意外な感じだったのが3番目に収録されている“思い出の
悪夢の破片【字幕版】 [VHS]
価格: 16,800円 レビュー評価: レビュー数:
悪夢の破片【日本語吹替版】 [VHS]
価格: 16,800円 レビュー評価: レビュー数:
ロイズチョコレート 根付けストラップ 生チョコレート ホワイト
価格: 399円 レビュー評価: レビュー数:
本物ソックリ★☆ まるで本物!?と思うほどリアルな作りのショコラストラップ☆ チョコレート本体もリアルなら、パッケージの箱もかなりリアル!! 箱裏の注意書きや原材料表記も小さいのに本物と一緒!!思わずルーペで見たくなるほどの細かさ! マスコットサイズ:約H20mm
ロイズチョコレート 根付けストラップ かりんとう チョコレート
価格: 399円 レビュー評価: レビュー数:
本物ソックリ★☆ まるで本物!?と思うほどリアルな作りのショコラストラップ☆ チョコレート本体もリアルなら、パッケージの箱もかなりリアル!! 箱裏の注意書きや原材料表記も小さいのに本物と一緒!!思わずルーペで見たくなるほどの細かさ! マスコットサイズ:約H20mm
ROYDSSTICK.EX(ロイズスティック ドット イーエックス)
価格: 6,720円 レビュー評価:5.0 レビュー数:3
今迄、H社F・JAMスティック、ドリキャススティック、セガサターンスティック等使用してきました。スト4の発売に合わせ、市場からジョイスティックが無くなるという異常事態になり、今回、H社、F・スティック3、ロイズスティックEXを購入致しました。ロイズスティックは、レバーの入力が滑らか、ボタンの感触、ボタンの間隔が適正で、3ボタン同時押しを多用する、スト4の練習に最適です。アーケード筐体との違和感もなく、お勧め致します。
 参考迄に、H社、F・スティックですが、レバーが硬く、重たい使用感で、斜め方向の入力は頻繁に抜けます。しゃがみの目押し中、立ち姿勢になる事もしばしば。ニュートラルへ
Real Action Heroes ロイ・マスダング
価格: 17,640円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
エドワード・エルリックが発売されてから一年。
鋼の錬金術師でエドワードと人気を二分しているという、焔の錬金術師がついに登場です。
私はエドワードと並べて飾りたくて、購入しました。
個人的にはさすがメディコム製だけあって、精巧な作りかと思うのですが。
エドワードに比べて、ロイは手のパーツが少ないのが非常に残念でした。
エドワードほどバリエーションにとんだポーズが作れないという事で、星4つの評価です。
でも、ロイのファンなら買って損はないと思います。
原作でもアニメでも見られなかった、エドワードとロイの共同戦線を
ロイズ・オブ・ロンドン―知られざる世界最大の保険市場
価格: 1,275円 レビュー評価: レビュー数:
ロイズ保険証券生成史 (1979年)
価格: 3円 レビュー評価: レビュー数:
ジス・イズ・ローマ
価格: 1,890円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
イタリアには何度か訪れているものの、何故かローマには縁がない。
しかし、雑誌、映画、TV等で何度も紹介されている街だけに
行った事がなくても、本書は充分に楽しめました。
オープニングは、もうおなじみとなったモザイク調の街の俯瞰画。
何の説明がなくとも、それがローマを描いていると一目で判るでしょう。

映画「ローマの休日」で名シーンとなった例の場所も登場してます。

原書が出たのは40年以上も前なので、復刻版の巻末には当時と現在の違いに
ついての補足説明があります。他の街を紹介したシリー